スポーツ関連の優良企業へ就職!新卒採用と戦う地方大学生の記録。

オペレーティングリースを利用した節税対策なら「ひこうきの窓口」!

オペレーティングリースを利用した節税対策なら「ひこうきの窓口」!

現在、会社経営をされている経営者の方にとって節税対策は常に頭の片隅にある大切な事項でしょう。

2019年ごろまで節税対策として非常に人気があったのが「全損保険」です。

しかし、国税庁による法改正によりかつての節税効果がなくなってしまいました。

そして、その後節税対策として人気が出てきたのが「オペレーティングリース」です。

こちらのオペレーティングリースを利用することで大きな節税対策が出来るため、出資される経営者の方が増えています。

このページでは、オペレーティングリースの流れと業界についての分かりやすい基礎情報から、おすすめのオペレーティングリース代理店の「ひこうきの窓口」についてご紹介します。

オペレーティングリースのスキーム

オペレーティングリースに関して簡単に流れを説明するとこのようになります。

  1. 投資家(出資する経営者など)が出資を募って匿名組合を設立します。
  2. 足りない資金に必要に応じて金融機関から借入を行い、リース物件の購入の準備をします。
  3. 匿名組合は集まった資金でリース物件(人気は航空機、旅客機)を購入します。
  4. この旅客機は、航空会社へリースしますが、航空機自体は匿名組合の所有となります。匿名組合の資産を形成し、匿名組合は航空会社より継続的にリース料を得て収益を得ます
  5. リース期間満了となると、リース物件を中古市場へ売却します。
  6. これらのリース料と売却益を出資分に応じて投資家へ分配する。

オペレーティングリースを活用した節税の仕組み

上記でリース物件は匿名組合で所有するとお伝えした通り、匿名組合で資産計上します。

そのため、減価償却も匿名組合で行うことになり匿名組合では事業共用初年度から数年に渡って非常に大きな金額の減価償却費が計上されます。

ここで計上される減価償却費はリース先の航空会社から受取ることになるリース料よりも遥かに大きいのです。

つまり、匿名組合は一時的に大きな赤字となるので、この損失が出資者側にも反映されます。

匿名組合への出資は、金融商品(有価証券)として扱われるため、匿名組合で発生した損失が出資者側に反映されるのです。

結論として、この匿名組合の損失が損益計算書に計上できるからその分利益が減少し、節税効果が期待できるということです。

【デメリット】業界が旧態依存で案件の比較・検討が難しい

節税対策の手段として、ここ最近ニーズが高まってきたオペレーティングリースとひきですが、浮き彫りになってきた問題があります。

それが、オペレーティングリース案件も持ってくる代理店(取引先銀行・取引先大手証券会社・取引先地銀・担当税理士)は、基本的に1種類の案件して持ってこれず、オペレーティングリース案件の比較・検討することができないことです。

これを例えると、建売のマイホームを購入する際に、1つの不動産屋で1つの家しか見せてもらえず、非常に少ない選択肢の中で選ばざるを得ないという状況に近いでしょう。

つまり、取引先のメガバンクA社から提案してもらえるオペレーティングリースの案件はメガバンクA社の子会社、もしくは関連会社が持っているオペレーティングリース案件のみとなります。

オペレーティングリース取引では1回に数千万〜億単位の投資を行うことになる、非常に高額な取引です。

他のオペレーティングリース代理店が持っている案件を見ることなく、決定しなければならず、オペレーティングリース取引で投資を行う側にとって良くない状況なのです。

好条件の案件を選べない

上記のように、紹介してもらえるオペレーティングリース案件が限られているということは、他の会社が持っている同案件の条件も見ることなく比較が出来ません。

例えると、iphone(オペレーティングリース物件)を契約する際、販売店はSoftBankやau、ドコモなど様々な契約先(銀行、証券会社、税理士事務所)がありますが、契約プランや料金が各社で異なります。

契約先を選ぶのに費用や希望にあった条件の契約先を選ぶでしょう。

オペレーティングリースも同様で、同じオペレーティングリース案件を複数の会社が取り扱っています。

そして、各会社によって出資額、リース期間、利回り、想定売却益などをはじめとしたの案件の条件が異なってきます。

出資する経営者の方の条件にあわせて案件を選ぶことが難しいのが現状です。

「ひこうきの窓口」なら全ての案件を比較出来る

そんなオペレーティングリースの出資側が不利と言える状況ですが、そんなデメリットを解消して、様々な代理店が持っている全てのオペレーティングリース案件を一括で見ることが出来る代理店が現れました。

それが「ひこうきの窓口」です。

全ての代理店のオペレーティングリース案件が提案できるということは、これまでオペレーティングリース業界で不可能だった、会社間を跨いだ案件の比較・検討が可能になったということです。

様々な案件を検討出来るのが最大のメリット

オペレーティングリースの案件を所有している会社は全部で約10社ありますが、これらの会社全てと提携し、お客さんに全ての案件を提案できるのは「ひこうきの窓口」だけ。

主要取引先の銀行Aから紹介されたオペレーティングリース案件、航空機Xという案件に関して、通常であれば条件が本当に好条件が分からないのでこのまま契約して終わりです。

ですが、ひこうきの窓口であれば同じ飛行機Xの案件を取り扱っている銀行Bや証券会社Cの案件を一緒に紹介することが可能です。

最も条件の良い会社でオペレーティングリース投資ができるのはこの「ひこうきの窓口」ならでは。

オペレーティングリース情報のまとめ

オペレーティングリース投資に関して、現状ではオペレーティングリース案件に対して、出資者側が比較・検討する情報がほとんどなく、提案される数少ない案件の中から選択するしかありません。

オペレーティングリースは1口で数千万〜数億円と非常に高額な出資になるため、様々な会社の条件をよく比較した上で、最も納得のいくオペレーティングリース投資を行ってください。

page top